椎間板ヘルニア治療(頸椎と腰椎)

椎間板ヘルニアとは:

メカニズムと症状

●頸椎や腰椎の椎骨間の椎間板が老化や損傷等により飛び出し、神経根を圧迫する病気です。特徴として、◆突然首や腰と片側の上肢、下肢に痛み、痺れが起きます。◆過去の首痛、腰痛、頚腕神経痛、坐骨神経痛が再発します。◆首、腰、手足の痛みや痺れが徐々に強くなりました。●腰痛分離症、すべり症の場合は、腰痛、坐骨神経痛を引き起こしますが原因は腰椎の損傷と変位です。 ●脊柱管狭窄症の場合は、歩行障害も伴いますが、原因は脊髄の馬尾神経への圧迫です。


椎間板ヘルニアの治療法

当院は電気鍼で対応しております。

頸椎ヘルニア                            腰椎椎間板ヘルニア                      坐骨神経痛

 


治療の手順とサイクル

1、問診と頸部、 腰部、臀部、上肢、下肢の痛みの検査。 2、首、腰の神経圧迫部位及び頚腕神経、坐骨神経の数か所に鍼を施術。3、首、腰の鍼に電気を繋ぎ、手先、足先に通るように15分ぐらい通電します。4、頸椎、腰椎と骨盤の矯正を行います。
 ※治療時間40分ぐらいです。※治療は週に1回で、2か月を一サイクルとしております。


椎間板ヘルニア治療実例の紹介

コラム

●好きな太極拳が出来るようになりました!

 埼玉在住の60歳代の男性Yさんは定年後太極拳にはまり、健康管理と趣味を含め、今後の人生を楽しく過ごそうと思っていました。しかし数年前に病院で診断された腰椎すべり症が進行し、太極拳を練習する時腰が前屈みに構え、左足に力が入らず、無理に上げる体勢を取ると体が倒れそうになります。Yさんが最初治療院に来られた時にコルセットをされ、腰痛、左坐骨神経痛を訴えられました。直ぐ電気鍼を実施し、終了した時には驚く程受けられ帰られる時は腰と左足がすっかり軽くなり、コルセットもつけずに帰られました。その後週一の治療が続き、2か月を経った頃はもう腰痛、左坐骨神経痛が治まり、太極拳をとても楽しむようになりました。

 

●まだ仕事を続けています!

 埼玉在住の70代の女性Nさんは長年地元の産婦人科病院に勤めていらっしゃいます。ご縁が出来たのが6年になり、あの頃は脊柱管狭窄症に苦しんでいました。腰痛自体はそれほど辛くはないものの、とにかく両足がひどく痺れ、歩行障害が辛かったと言います。病院では手術を勧められましたが後遺症が不安で断りました。もうこれ以上仕事が無理だろうと彼女は嘆いていました。電気鍼による闘いが始まりました。週一回の治療に優しいご主人は黙々車で送迎され、奥さんをずっと励まし続けています。今はもう当初の痺れがすっかり改善され、普通に出掛けることも多くなり、お仕事も現役で張り切っていらっしゃっています。

 

●毎日店で頑張っています!

 東京在住の40代の男性Hさんは美容院の経営者です。長年ずっと立ちっぱなしで仕事を続けいるので椎間板ヘルニアを患ってしまいました。整形外科を通院し、ブロック注射を何度もされ、その他整体、マッサージも通われましたが痛みは一向に減りませんでした。同僚のご紹介で当院に来られました。数回の治療を受けられたが、電気鍼を使わずに済みました。今は疲れを解すのにたまに来院されるが、椎間板ヘルニアの再発はありません。

 

●楽しく歯科医に励んでいます!

 東京在住の30代の女性Sさんは歯科医師です。職業関係上長く腰に負担を掛けている為、椎間板が損傷され、腰痛と右坐骨神経痛に悩んでいました。病院でブロック注射も受けられたが、痛みは治まりませんでした。仕事の仲間に紹介され当院に通われました。4回ほど電気鍼を受けられ、痛みが治まり、今も元気よく働いていると喜んでいます。