当院の特色


不妊症の治療には独自の温灸法

腰痛                           腹痛                        生理不順

温灸箱治療の役割

 温灸箱治療は、当院が独自に開発した不妊症、冷え性に対応する治療法です。冷え体質の方は基礎体温が低く、生理不順、生理痛が起き易く、また子宮、卵巣の病気も発症し易いです。それらが後に不妊症の原因になってしまうことがあります。温灸箱法腰仙部、下腹部を中心にお体に温熱を与えることにより、血行を促進し冷え体質を改善して子宮、卵巣の機能を高めることが出来、自然妊娠、人工授精、体外授精における妊娠率をアップ出来ると考えられるからです。

 

 

● 脳梗塞の治療には三鍼法

 頭痛、眩暈                          呂律が廻らない                   神経痛

三鍼法治療の役割

三鍼法治療は、中国山西省脳梗塞専門病院院長賈馬志先生が考案された脳梗塞専門の治療法です。この治療法は中医学の経絡理論に基づき、三本の中国鍼で体内の気、血、水の通り道を疎通し、脳性麻痺、半身不随、言語障害等の後遺症を改善しようと研究を重ねて来ました。神経、血管、リンパの流れが活性化出来れば、症状の改善とある程度の健康回復も望まれるのではないかと考えられています。

 

 

●椎間板ヘルニアの治療には電気鍼

腰が痛い                 坐骨神経痛                   腰背中痛い 

電気鍼の役割

電気鍼治療は、慢性腰痛に使われております。特に下肢の痺れを伴う椎間板ヘルニアを始め、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症などの腰痛には電気鍼のほうが症状を改善され易いと考えられます。電気振動を与えれば、神経圧迫と坐骨神経の緊張を緩和出来るからです。ちなみに急性腰痛、例えばギックリ腰の場合は鍼だけでもすぐ痛みが治まり、普通の日常生活に戻ることが出来ます。

 

 

●院長のご紹介

鍼灸治療の道30年

院長 張 玉明(ちょうぎょくめい)元上海中医薬大学国際鍼灸研修センター教師。1988年来日、国際鍼灸専門学校卒。主な著書、訳書「中国鍼灸、マッサージ、気功100名人」「中国美容整体術」「鍼灸治療361問」その他。


鍼灸免許      鍼灸著作        鍼灸論文